一期一会


立春もとうにすぎ 少し春の匂いがしてきたような

でも気のせいのような まだまだ寒〜い京都です。

いつもお世話になっているカフェで

二席のカウンターが埋まっていたのにもかかわらず

スタッフの方にカウンター席を勧めていただき

そこで会話にお邪魔しました。

大学3年生の女の子の

就活の悩み相談を常連のお客さんと

カフェのオーナーが聞いていたようで

途中から参加したのですが

異なる学科であるものの母校の後輩で

少し経験談など就活の一例として話しました。

私はどちらかというと イレギュラーな就職で

大学2年の春休みくらいから

京都の彫金アクセサリーのアトリエ兼ショップで

制作ときどき販売スタッフとしてアルバイトを始め

卒業後も2年ほどお世話になりました。

材料の仕入れや納品書等の作成、

同じクオリティーの商品を 同じ時間で制作することの難しさなど

いろいろなことを学ばさせていただきました。

退職後は接客業で生計を立てておりましたが

どちらの仕事でも 継続することの難しさやホスピタリティーなどを学び

全ての経験のもと 今のデザイナー、クラフツマンとしての活動が

成り立っているんだなぁ と

自分の中でも反芻する良い機会になりました。

人との出会いも含め いろいろな機会は

一瞬一瞬の奇跡でできていて

一期一会という言葉は人生の続く限り

私に寄り添う言葉のひとつです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です